灯油かガスかで光熱費は変わる!北海道の賃貸選びで重要なポイント


ストーブが設置されているかチェックする

北海道の賃貸アパートや賃貸マンションには必ずストーブが設置されています。これは、真冬の寒さをしのぐのに欠かせないアイテムだからです。真冬になるとマイナス気温になることも珍しくない北海道にとって、ストーブは命を繋ぐ大切なもの。賃貸アパートではすでに設置されていることが多く、その燃料によって月々の光熱費負担が変わってくるのです。

ガスか灯油かで光熱費負担は変わる

ストーブがガスストーブの場合、プロパンガスを使用している物件ですと真冬時のガス台は数万円にも及ぶことがあるでしょう。その点、灯油ストーブであればそこまでの負担がありません。また、お風呂場の燃料も灯油であればより光熱費の節約になります。賃貸アパートのガス会社というのは大家さんやオーナーが契約していることも多く、自分たちで会社を選ぶことができません。ストーブや湯沸かし器などのレンタルを条件に契約している以上、解約して自分で格安の場所に契約し直すことはできないのです。その為、入居する前にどこのガス会社なのかチェックしておくことが大切になってきます。

プロパンガスと都市ガスなら都市ガスの物件を

北海道の賃貸アパートの多くがプロパンガスを利用していると言われています。その為ガス会社によって燃料費が異なってきますので注意しましょう。都市ガスの普及も広まりつつあり、賃貸アパートの中には都市ガス対応の物件も増えてきています。都市ガス対応であれば、プロパンガスよりも格安で利用することができます。ガスストーブ対応の場合は、どちらのガスを利用しているかチェックしておくことが大切です。

函館の賃貸物件は観光名所に近い立地ほど家賃が高額化する傾向があります。人の目に付きやすく、建物や敷地を整備する費用が家賃に上乗せされるためです。