ビジネスによって大きく変わる?失敗しない賃貸オフィスの選び方


通勤や営業への移動を考慮したロケーション

いくつかある賃貸オフィス選びの中でも基本とも言えるのがロケーションです。自宅からオフィスまでの距離は肉体的、精神的な負担に大きく影響します。従業員によって住んでいる場所が異なるため、全ての人に最適な立地を見つけるのは難しいですが、できる限り負担が軽減できる場所を選ぶことが大切です。

また取引先の企業など頻繁に来客が訪れる業種の場合には、近くにわかりやすい目印などがある、駐車場の有無などの条件も重要となります。

オフィスの広さと設備の充実

賃貸オフィスを選ぶ上で欠かすことのできないポイントとして挙げられるのが間取りです。前述した立地という条件を満たしていても、オフィスの広さが不十分では業務に支障が出てしまいます。内見の段階で広いと感じたけれど、机を始めとしたオフィス機器を設置したら狭くなったという失敗例は少なくありません。そのため、内見をする時は配置などを頭でイメージすることが大切です。

そのほか、給湯室や空調といった設備の充実も快適さに大きく影響するので、この点もしっかりと確認しておく必要があります。

テナントを始めとした入居状態の確認

オフィスを探す中で、意外と見落としがちとなるのが建物内の利用状況の確認です。マンションなどの集合住宅では当たり前のように行う隣近所の状況確認も、賃貸オフィスに限っては怠ってしまう人が多いとされています。万が一問題を抱える企業やテナントが入っていると、直接関係は無くても同じ建物に入っているという理由で自社のイメージが悪くなりかねません。

こうしたトラブルを避けるためにも、契約を交わす前にどういった人達が使っているか把握しておくことが大切です。

都内の中央区といえば一等地です。中央区で賃貸オフィスを借りれば、クライアントにも安心感を与えることができるでしょう。