賃貸住宅を探す際に把握しておきたい!チェックするべきポイント


周辺環境をチェックしよう

物件を選定する際、交通利便性を重視する方々は多いでしょう。確かに駅に近ければ、通勤や通学に不便しません。しかし、駅から徒歩数分の物件の中には、周辺の生活施設が充実していないケースもあります。実際、駅やコンビニが近距離に位置しているものの、スーパーが徒歩圏内に存在しておらず不便な生活を送っている方々は少なくありません。駅へのアクセスのしやすさと共に、周辺の環境に着目してみましょう。

家賃以外の諸経費に要注意

物件の中には、月々の家賃だけでなく、管理費や共益費を請求しているケースもあります。管理費などの経費は、不動産会社もしくは大家が物件を管理する上で必要です。家賃の5パーセント~10パーセント程度が相場です。そのため、管理費などを徴収している物件の場合、毎月の賃料に数千円が上乗せされます。経済状況によっては、管理費などの経費を支払うことが大きな負担になるかもしれません。

共有スペースがどのように使われているのか

エントランスやエレベーターなどのスペースは、物件に居住している全員で共有しています。そのため、住人個々に賃貸物件で生活する上でのマナーが定着していなければ、共有スペースが悲惨な状態になりかねません。管理が行き届いていない物件の場合も同様です。居住者が廊下を私物化し、自身の生活用品を置いています。エントランスホールやエレベーターにダイレクトメールが散乱しているケースもあります。共有スペースが身勝手な方法で使われている状況を目の当たりにした折には、不愉快な気持ちになりますよね。内見で物件を訪れた際には、どのように共有スペースが使われているのかを目視しましょう。

札幌東区の賃貸アパートは大学が数多くある地域環境から、保証人・敷金無しの条件になっていて学生でも入居しやすいです。