狭いことは悪いことばかりじゃない?狭小住宅ならではの強み


土地代を安く抑えられる

家を建てる際に特に大きな出費となるのがやはり土地代です。ただでさえ新居の建設費や家具購入費用など様々な名目での出費が重なることになるので、土地代を大きく抑えられるのは無視できないメリットとなります。坪単価が高い場所ほどこの土地代の節約は大きく響くことになるので、田舎などに建てる場合よりも都会にほど近い場所に立てたい希望があるのならば狭小住宅を選択肢に入れるのは悪くない方針だと言えます。

アクセスの良い場所に建てやすい

先述した土地代を安く抑えられるメリットがあるため、浮いた費用で建てる場所の選択肢を広げることが出来るのも狭小住宅の強みです。職場に近いところや、駅や施設などに近いエリアは土地代も高く普通の広さの住宅を立てようとするのは敷居が高く、長いローンを組む必要に迫られる事も珍しくありません。狭小住宅ならば無理なく買える場合もあるため、お目当ての土地が狭小ならば手の届く額であるか調べてみるのも良いでしょう。

固定資産税が安く抑えられる

狭小住宅は土地が狭いので当然ながら固定資産税もその分安くなります。長く住めば住むほどに響いてくる物なので、維持費用の一つとして家を建てる際の費用計算に加味する必要があるでしょう。

掃除などの手入れが楽

狭小住宅は必要以上に広くないからこそ、掃除などの手入れが少なくて済むメリットがあります。家を清潔に保つためにはこまめな掃除が必要ですし、仮に広い家でも汚い家では意味がありません。狭いからこそ維持が楽になり、小さくても清潔感のあるきれいな家に住めるというのは重要なメリットなのです。

狭小住宅とは一般的に15坪以下の土地に建てられた狭くて小さい家のことです。階数を増やしたり間仕切りを少なくするなどの工夫をすることで狭くても快適な住宅を建てることが可能です。