注文住宅の間取りは家族構成で見極めるとよい


何人で暮らす家なのかイメージしよう

注文住宅は依頼主のイメージや予算に合わせて設計できる住宅です。土地の広さや予算が許すならかなり自由に設計できるので、夢で描いた家を実現することも不可能ではありません。間取りを設計するにあたり、まず考えたいのは家族の人数です。夫婦だけで暮らす家、子ども2人をふくめた4人で暮らす家、両親もふくめてさらに居住者が多い家では推奨される間取りが大きく異なります。リビングやキッチンなど、家族で共有する部屋のほかにどのような部屋が必要か考えましょう。出産を予定している若い夫婦の場合、最初から子ども用の個室を用意しないのも選択肢のひとつです。広い部屋を用意して、子どもたちが成長したあとに区切る(簡易的な壁をつける)手法はめずらしくありません。

長期的な視点で間取りを検討する

注文住宅では、老後の生活を見据えた設計にすることも可能です。室内の扉や浴室などにバリアフリー設備を導入するのがよくある例です。また、子どもが結婚して同居することを想定して、最初から二世帯住宅として設計することもできます。ひとつの住宅を2つの世帯でどのように分けるのか、そのバランスは自由に設計できます。また、同居の具体的な想定ができないときは水回りの設備などを仮説の状態でとどめておくことも可能です。子どもたちが同居せず独立して生活を営むことを想定するなら、将来的に子ども部屋をひとつの広間に改装しやすいように壁を工夫しておくのもよいでしょう。中長期的な生活イメージは家の設計に欠かせないため、ハウスメーカーの担当者とじっくり話し合うことが大切です。

大阪の注文住宅を検討している方は専門的な業者に依頼をする事が最適です。できる限り安い費用で購入が出来ます。