注文住宅を購入時にこだわりたい3つのポイント


様々なタイプの一戸建ての施工実績がある業者を探そう

希望が反映された注文住宅に長く住み続けたい場合には、様々なタイプの一戸建ての施工実績がある業者を探して、営業担当者や設計士と念入りに住宅のデザインや予算について相談することが重要となります。特に、外観から設備までこだわって注文住宅を建てるには、高額な費用が掛かるため、早い段階で複数の信頼できる業者の見積もりを取って、予算に合うところと契約を結ぶことがおすすめです。最近では、店頭だけでなくネット上で注文住宅の見積もりの相談を受け付けている業者の数も増えているため、忙しい生活を送っている人もすぐに住宅の購入先の候補を決めることが可能です。

注文住宅に相応しい土地の見学を欠かさずに行おう

一戸建ての購入時に周辺環境を重視したい場合には、注文住宅に相応しい土地の見学を欠かさずに行って、不自由なく生活できるところを見極めることが大切です。大手のハウスメーカーの中には、注文住宅の購入希望者のために年中無休で土地の見学の希望を受け付けているところもあるため、余裕を持って営業担当者に問い合わせをすると良いでしょう。また、販売中の土地の中でも、最寄り駅までの距離が近いところや、商業施設や医療機関などが立ち並んでいるところについては、すぐに売り切れてしまうこともあるため、早期に購入の判断をすることがポイントです。

購入後のサポートやリフォームの対応も確認しよう

信頼できる住宅業者から注文住宅を購入するには、各業者の購入後の住宅の定期点検やクリーニングなどのサポートや、リフォームの対応についてしっかりと比較することが大事です。特に、住宅の木材の種類やデザインなどにこだわりがある物件については、数年おきに手入れが必要となることもあるため、契約時に担当者に注意点をきちんと説明してもらいましょう。注文住宅の購入者へのサポートが行き届いているハウスメーカーの中には、外壁塗装の塗り直しやシロアリ駆除などの相談を無料で受け付けているところもあり、日常生活におけるトラブルもきちんと対処することが可能です。

なお、ハウスメーカーのアフターサポートの具体的な内容については、公式サイトや注文住宅に関するカタログなどに詳しく紹介されていることもあるため、購入先を選ぶうえでじっくりと興味がある事項をチェックしておきましょう。その他、ハウスメーカーによっては、注文住宅の購入者を対象に、無償で様々なフォローを受けられる長期保証のプランを用意しているところもあり、生活上の不安を解消したい場合には、最新の資料に目を通しておきましょう。

注文住宅は間取りから自由に設計ができます。ただし、その為に費用が建売住宅とは違い高額になる傾向があります。また業者が限られてきます。